家族葬の特徴や魅力について

subpage01

高齢化が進み、価値観が多様化している現代日本では、かつて主流だった大規模な葬式に代わって、小規模でシンプルな葬儀が人気を集めています。「家族葬」と呼ばれる少人数で行う葬儀は、従来の葬式と比べて、遺族の精神的・経済的負担が軽いという特徴があります。

家族葬は数十人で行う規模の小さい葬儀です。

故人や遺族の要望で行われることもありますが、故人が高齢で、参列できる親族や友人が少ない場合に、葬儀屋から提案されることもあります。



参列者がそれほど多くないため、接待などの身体的・精神的負担が少なくてすみます。


費用の安さも特徴で、料金は従来型の葬式の半分程度です。

負担が総合的に減るため、遺族は心にゆとりをもって故人を見送ることができます。

葬儀の規模が小さくなっても、サービスの質は変わりません。

T-SITEといえばこちらのサイトです。

必要不可欠な要素を残した、無駄のない葬儀が特徴です。

家族葬を実施する際に重要になるのが、周囲の理解と協力です。

比較的新しい葬儀形態なので、伝統的な形式が好まれる地域で行う場合は、周囲の理解が必要になります。
葬儀の旨を事前に告知しておかないと、親族の間でトラブルが起きることがあるので、家族葬を実施する際は周囲に早めに伝えておくことが重要です。

お寺は伝統を重んじる傾向があるため、歴史の浅い家族葬を許可しない場合があります。



準備を進める前にお寺に連絡を取って、特殊な形式の葬儀が可能かどうかを確認しておくといいでしょう。