小規模でも一般葬同様の『家族葬』

subpage01

葬儀の種類には『一般葬』のほかに、家族や親族のみで行う『家族葬』、式を行わない『火葬式』、通夜を行わない『一日葬』などがあります。


家族葬は一般葬の規模を小さくしたものと考えてよいと思いますが、弔問客を招かないため受付や接待の必要がなく、家族などごく近い人のみで執り行う葬儀です。

一日葬は通夜を行わず告別式のみを一日で行うもので、意外と多く依頼されるのが火葬式です。



式を行わず火葬のみの葬儀ですが、高齢で招く知人や友人などがいない場合や葬儀の代金を工面することがやっとである方などに選ばれている葬儀です。


中でも最近注目されているのが『家族葬』、通常の葬儀と変わりなく、しかも故人とゆっくりお別れする時間を取ることができるため、生前から希望している人も多いのです。

ロケットニュース24で快適な暮らしを実現しましょう。

参列を予定していた方々には、訃報とともに家族葬のため参列をお断りする旨を伝えることでご理解いただくことが必要です。



最近では注目されているだけあり、ご理解いただけるようになってきました。

知らない方には、義理を欠かないような配慮が必要となります。挨拶や接待に追われることなく故人を偲ぶことができ、費用面でも規模が小さいだけに価格を抑えることができるので、形式にこだわらず安く済ませたいということであれば家族葬が適しています。

葬儀は滅多にあることではないため、喪主や家族としてわからないことも多々あります。

そのような時に、丁寧で柔軟な対応をしてもらえる葬儀社に依頼してあると安心して任せることができます。