家族に暖かく見送られる家族葬

subpage01

大切な人が亡くなることはとてもつらいことです。
その事実を受け止めることができない場合もあります。


けれども葬儀は行わなければならず、段取りや流れを確認しながら時間が流れていきます。一般の葬儀では、訃報の連絡や弔問客の対応に忙しく追われ、故人と別れを告げている時間が取れないものです。そのような中で、社会的な立場だけでなく考え方によっても、葬儀の形が変わってきました。

近年では自分の葬儀を『家族葬』に決めている人も少なくありません。


自分の最期はゆっくりと温かく家族に見送ってほしいということから、近年『家族葬』という形が注目されているのです。



時間や気持ちの面以外でも、費用を掛けたくないなどの理由もあります。

nanapi情報が絶対見つかります。

形式や見た目にこだわらず、シンプルが良いという人が増えているのです。
費用面では一般の葬儀よりも安く、相場では50万円程度が多いようです。

葬儀社によって違いはありますが、故人に合わせた葬儀を行うことができるため、人気が高まっています。

葬儀は、大切な人の死を受け入れるための儀式です。
家族にとって参列者への挨拶や接待は、故人の弔いのために参列していただいた感謝の気持ちではありますが、気持ちに余裕がない時には厳しいものです。

後日改めて行うことができるのであれば、その時でもいいのです。

家族葬は、残された家族の気持ちを考えて取り入れられた葬儀の形です。



今後ますます『家族葬』を希望し、行う人が増えていくでしょう。

人に言いたい行事

subpage02

家族葬は比較的最近、静かに広まっている元来のお葬式とは異なる方法を取り入れたお葬式です。家族のみや、家族とごく親しい親戚、友人のみを参列者とする家族葬が静かに広まっている背景には定年退職をしてからの寿命が延びたということや、急激に少子化が進んでいるという社会的背景が関係しています。...

NEXT

行事について情報

subpage03

高齢化が進み、価値観が多様化している現代日本では、かつて主流だった大規模な葬式に代わって、小規模でシンプルな葬儀が人気を集めています。「家族葬」と呼ばれる少人数で行う葬儀は、従来の葬式と比べて、遺族の精神的・経済的負担が軽いという特徴があります。...

NEXT

行事関係の情報

subpage04

葬儀の種類には『一般葬』のほかに、家族や親族のみで行う『家族葬』、式を行わない『火葬式』、通夜を行わない『一日葬』などがあります。家族葬は一般葬の規模を小さくしたものと考えてよいと思いますが、弔問客を招かないため受付や接待の必要がなく、家族などごく近い人のみで執り行う葬儀です。...

NEXT

行事の情報まとめ

subpage04

家族葬はごく身近な人たちだけで故人を送り出す葬儀の形で、都市部を中心に主流になりつつあります。このようなコンパクトな葬儀の形が浸透してきた背景には、高齢化や核家族化などの社会的背景もありますが、葬儀に対する考え方や宗教観が変化してきたことも大きな要因と考えられます。...

NEXT