コンパクトなお葬式・家族葬

subpage01

家族葬はごく身近な人たちだけで故人を送り出す葬儀の形で、都市部を中心に主流になりつつあります。

このようなコンパクトな葬儀の形が浸透してきた背景には、高齢化や核家族化などの社会的背景もありますが、葬儀に対する考え方や宗教観が変化してきたことも大きな要因と考えられます。
招く人数が少なければ会場も小規模で済みますので、費用の面でも遺族の負担を減らすことができます。
家族葬のニーズが高まるにつれ、葬儀会社でも家族だけの葬儀を行うコースを用意するところが多くなってきました。



親族への対応に追われる負担やコストを抑えられるコンパクトな葬儀の形は、現代人にとって新しい選択肢として歓迎されています。


このような葬儀のスタイルは、これからますます広がりを見せていくことでしょう。
しかし、現在まだまだ家族葬は一般的なスタイルとは言えません。

特に地方に住む親戚や年配の方にとっては、馴染みの薄いものでしょう。
そのため、行き違いやトラブルが起きてしまうことを避けるために、注意しなくてはいけない点もあります。

ビジネスジャーナル関する情報選びといえばこちらのサイトです。

家族葬は簡単に言うと喪主が参列者を選んで行う葬儀です。



ご近所の住民や遠い親戚、故人の同僚などは喪主に参列を依頼されない限り、葬儀に出席する必要はありません。
家族葬を行う際は、呼んだ呼ばないのトラブルを避けるために、まず葬儀をごく身近な者だけで行いたいということを周知して、周囲の人たちに理解してもらうということが必要です。