家族葬で心のこもったお葬式を

subpage01

家族葬は比較的最近、静かに広まっている元来のお葬式とは異なる方法を取り入れたお葬式です。


家族のみや、家族とごく親しい親戚、友人のみを参列者とする家族葬が静かに広まっている背景には定年退職をしてからの寿命が延びたということや、急激に少子化が進んでいるという社会的背景が関係しています。
今までのお葬式では会社の関係者等、それほど近しい人でなくても参列することが慣例のようになっていましたが、定年から何年も経っているのでそういった人間関係も希薄になっているので、敢えて近しい人だけでするアットホームな形態のお葬式です。費用が安いのはメリットのひとつではありますが、家族葬には決まりきった式の進行がないので、生前故人が好きだった音楽をかけるなど、故人を思って喪主を中心に自分たちで好きなように決めることができます。



また、参列者に気を遣う必要がないので、思う存分故人とのお別れをすることが可能となります。

暮らしを豊かにしてくれるNAVERまとめに関する情報をすばやく探せます。

気をつけなければならないことは、家族葬であることを事前に関係者に伝えることです。きちんと前もって伝えておかなければ、当日いきなり参列来てしまう人がいないとは限りません。


丁重に家族だけのお葬式を行う旨を伝え、納得をしていただくことが後々角を立てないためにも重要となります。
現在の日本の社会的背景を考えると、今後も家族葬のように従来とは異なった形式のお葬式が増えてくることは大いに考えられます。
自分のお葬式について考えておくことも肝心かもしれません。